TToTT スターターセット 裏表

通常価格:¥ 2,200 (税込)

¥ 1,900 (¥ 2,090税込) 6%OFF

加算ポイント:19pt

商品コード: PT001B

数量

TToTT(トット)は卓球のルールをそのままに、テーブルの上で戦術を考え、カードでラリーをする新感覚の卓球トレーニングカードゲームです。スターターセットでは、卓球に必要な用具、ボールの回転、コース取り、体力配分の考えをゼロから身につけることができます。

このセットは、回転のかかる裏ソフトラバーと スピードの出る表ソフトラバーをはった状態でプレイします。 パンチ力のある攻撃と回転の落差で相手を圧倒しましょう!

内容物
用具カード  
 ラケット 1枚
 裏ソフトラバー 1枚
 表ソフトラバー 1枚
 ゼッケン 1枚
 
サービスカード  
 下回転ロングサービス 1枚
 下回転ハーフロングサービス 1枚
 下回転ショートサービス 1枚
 上回転ロングサービス 1枚
 上回転ハーフロングサービス 1枚
 
返球カード  
 (裏)対上回転ドライブ E 2枚 F 2枚
 (裏)対下回転ドライブ E 2枚 F 2枚
 (裏)ブロック E 2枚 F 2枚
 (裏)ツッツキ G 6枚
 (裏)とにかく返す G 7枚
 (表)スマッシュ E 2枚 F 2枚
 (表)ツッツキ打ち E 3枚 F 3枚
 (表)ブロック E 2枚 F 2枚
 (表)ツッツキ G 6枚
 (表)とにかく返す G 7枚
 
イベントカード  
 ネットイン 1枚
 エッジ 1枚
 レット 1枚
 
プレイヤーコマ  1個※
ボールコマ  1個※
体力コマ  1個※
得点コマ  1個※
コイントス用コイン  1個※
プレイシート  1枚
コース札(1~9) 各1枚
説明書  1枚
  ※予備2個付属

ユーザー評価

  • ボドゲ好き男子

    (卓球歴:10〜20年)
    うーん

    卓球のカードゲームと聞き、胸を踊らせて購入しましたが、第一声としてはとても残念でした。

    ざっくりとした感想としては、卓球のリアリティーばかりを追求しすぎていて、ゲームとしての面白さを度外視していることです。

    まず返球ですが、カードを7枚ランダムでしか持っていないにもかかわらず、回転、位置、クオリティ、球種の4種類が合致しないと返すことができない運ゲーになっています。

    総合
    10/10
  • カン

    (卓球歴:10〜20年)
    改善点しかない

    卓球現役でやってます。ボードゲームが好きで卓球のカードゲームが出るというので期待していましたがとてもガッカリです。
    まず無駄な要素が多すぎます。前陣、中陣、後陣があったり強さがランク分けされていますがルールが複雑になっているだけで面白さのプラスには全くなっていません。
    次にカードですがこれは逆に種類が少なすぎます。卓球未経験者にはいいかもしれませんが、経験者からしてみると「なんじゃそりゃ⁉︎」と言いたくなるようなボールばっかり返ってきます。特にとにかく返すというカードで面白さが半減しています。
    そして極めつけは時間がかかりすぎることです。単純作業の繰り返しなのに11点も取らないといけず、やっていてストレスになってきます。ゲームとして成立していません。卓球コーチの父と1回やって以来ずっとしまわれています。

    総合
    1/10
  • つづき2

    (卓球歴:10〜20年)
    つづき2

    SランクからGランクまでの8段階も必要なのかと言う意味不明さに加え、普段馴染みのないFやGなどと言うパワー表記のせいで考えることが増えすぎ、テンポが本当に悪いです。

    卓球を覚えるためのシュミレーターとしての位置づけなのかもしれませんが、興味を持たせる作りになっていない以上、ゲーム自体も残念な仕組みですが、卓球普及用としての役割も難しいでしょう。

    卓球熟練者がイメトレをする一助にはなるのかもしれませんが、最低でもカードゲーマーが楽しいと思ったりするゲームではないです。

    またこのゲームを遊んで卓球がしたいなんて間違っても思わないと思うので、素直に普通の卓球を遊んだほうがいいです。

    総合
    1/10
  • つづき

    (卓球歴:10〜20年)
    つづき

    また、全てを返せるようなお助けカードもないため、手札次第ではサービスエースやリターンエースがバンバン決まり、ラリーの楽しさを味わうこともできません。

    そしてスタミナ制度。
    11点も取らなければいけないのに、試合中盤ではもうスカスカになり、ただでさえ無意味にわかりづらいクオリティが1段階下がります。

    狙う盤面は9箇所もあるくせに、返球カードでは1ー3までしか返すカードがなく、スタミナを奪う返球をしなければいけないため、コースは一箇所に限定されます。

    戦略もクソもない。
    ただの運ゲーです。

    総合
    1/10